できる限り、たくさん借りたい場合はどうすればいいの?

0 Comments

Q:少なくとも50万円以上のお金が必要です。
中小消費者金融で、できる限りたくさんのお金を借りるにはどうすればいいですか。

A:中小消費者金融の高額融資は、本来、増額で狙うのがセオリーです。
しかし、中には、一定の条件をクリアしていれば、新規で50万円以上の融資を実施している会社もあります。
詳しく解説していきましょう。

ライター
消費者金融は少額融資がメインですが、高額融資をゲットする人も少なからずいるのも事実です。 では、どんな人が高額融資を受けるのでしょうか? 高額融資を受けるコツはあるのでしょうか? 本文を読んで参考にして下さい。

高額融資は増額で狙うのがセオリー

まず、伝えおきたいのは、消費者金融の新規の平均貸付額は15万円程で、かなり少額だということです。
これは中小消費者金融に限らず、大手であってもそうです。

初めて消費者金融を利用するお客さんが多い大手ですら新規利用額は少額なのに、中小消費者金融であればなおさらです。

このようにまずはリスク回避のため少額融資で様子を見て、取引実績が良好であれば増額するというのが、消費者金融の王道パターンです。

増額であれば、中小消費者金融でも50万円以上の限度枠がとれることも珍しくありません。

どの会社に申込みをすべきか!

また、中小消費者金融の中には、最初からフリーローンの最大限度額は50万円までとして、小口融資に特化している会社があります。

当然ながら、そのような会社に申込みをしても、50万円を超える融資は見込めません。
中小消費者金融で具体的に言えば、「プラン」、「ニチデン」、「いつも」のフリーローンは、限度50万円が最高値となっています。

また、各中小消費者金融には、比較的高額融資が受けやすい会社とそうでない会社があります。
こちらの記事では、各中小消費者金融を「初回融資額の高さ」で比較しているので参考にして下さい。
(参考記事:初回融資額の高さで比較!

また、後で詳しく解説しますが、審査で、よりヒアリングを重視している会社の方が、高額融資を受けられる可能性は高くなります。
どの会社がヒアリングを重視しているのかはこちらの記事を参考にして下さい。
(参考記事:感性重視か、マニュアル重視かで比較!

属性が良い人は高額融資の可能性が高い!

あたりまえのことですが、属性が良ければ、新規であっても高額融資の可能性は高まります。
ここで言う、「属性が良い」とは、具体的には次のような状況の方になります。

①勤務先状況

  • 勤続年数:3年以上
  • 年収:600万円以上

②他社借入れ状況

  • 件数:2件以内
  • 他社借入れ額:他社の限度額も100万円ほどの高額であった方が良い

これらの条件に合致していれば、自宅が持家か賃貸かということは、あまり差はありませんし、過去に自己破産や債務整理をしていても高額融資が受けられる可能性が高まります。

チャンスはヒアリング時!?

では、属性があまり良くない人は高額融資を受けることは不可能なのでしょうか。
いいえ、属性に自信がなくても、あきらめるのはまだ早いと言えます。
そのチャンスは、二次審査のヒアリングにあります。

多くの中小消費者金融は、二次審査と称して、生活状況の詳細について、ヒアリングを行っています。

高額融資を希望する人は、ここで、以下の内容について、誠意を持って伝えることです。

  • 50万円以上のお金が必要な理由
  • 家計の収支的に、毎月、〇〇円であれば返済が可能だということ
  • 家族が承知で連帯保証人を付けることが可能な人はそのこと
  • 借入れ後は、返済のみに集中するので繰り返し利用が出来る契約でなくてよいこと

中小消費者金融は、ヒアリングでの感触を審査の参考にする会社が多く、先方に上手く誠意が伝われば、希望通りの金額の決裁がでることもあります。

まとめ

中小消費者金融では新規で高額融資を受けることはなかなか困難なことです。
それを充分、理解したうえで、「ダメでもともと」という気持ちで臨むことも大切です。

もし、高額融資がかなわなくても、少額取引で実績をつくれば、後々、増額で思わぬ高額融資がかなうことがあります。

     審査が通る中小消費者金融

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA