ユニーファイナンス

0 Comments

概要

ユニーファイナンスは、有人店舗は名古屋(名古屋駅近郊)のみですが、かつては東海地区に複数の無人店舗を設けていた、地元では有名な会社です。
消費者金融としての歴史も古いのですが、あえて全国に店舗拡大の路線をとらずに、「お客様の見える場所で仕事をしていきたい。」と言うポリシーで、地域密着型の営業方針を貫いてきました。

このように拡大路線を取らなかったことが功を奏してか、同じ規模の消費者金融会社が、「過払い問題」などで廃業に追い込まれる中、現在も積極営業を展開しています。
このことは、経営の健全性と資金力の高さを裏付けていると思われます。

また、いまでこそ、銀行や大手とのATM提携やリボルビング契約を実施している会社も増えてきましたが、ユニーファイナンスは、かなり早い時期から「プロミスとのATM提携」を実施していたことにも注目です。

≪ユニーファイナンスへの申込みはこちらの公式HPからどうぞ!≫
消費者金融ユニーファイナンス完全攻略

※ユニーファイナンス本社外観

ユニーファイナンスのここを評価

●業歴が長く信頼度が高い!

ユニーファイナンスの創業は昭和46年1月で、実に半世紀の歴史があります。
その間、いくつかの業界編成がありましたが、安定路線で生き残り、現在も営業展開を継続していることは、かなり評価できます。
改正貸金業法施行により、同クラスの貸金業者が廃業や事業縮小を余儀なくされる中、ユニーファイナンスは安定した経営を継続しており、他の中小消費者金融より、その経営能力の高さは突出しています。

●自己破産・債務整理をした方も審査対象!

ユニーファイナンスでは、「延滞」以外の金融事故には貸付実績も多くあり、比較的柔軟な審査を行っています。
改正貸金業法施行後は、中小消費者金融では総量規制の影響で、多重債務者への貸付が制限され、融資対象者の範囲はかなり狭くなってしまいました。

そのような中、自己破産・債務整理で負債が清算されている方への融資が見直されています。
それはユニーファイナンスの審査でも例外ではありません。

●振込融資で全国対応!

ユニーファイナンスの審査対象エリアは、かつて地域限定でした。(茨城県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、長野県、岐阜県、静岡県、愛知県、三重県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、広島県、山口県、福岡県 )

しかし小口新規獲得に力を入れている現在では全国から申込みが可能になりました。

●プロミスとATMの利用提携!

ユニーファイナンスでは、大手消費者金融プロミスとATM利用提携をしており、全国のプロミスATMで入金・出金が可能です。
信用のない消費者金融ではそもそも大手とは提携できません。この事は、ユニーファイナンスの信用の高さを裏付けています。

●東海地域に居住している方は特に注目!

ユニーファイナンスは、振込ローンで全国対応していますが、やはり地域密着型の歴史も長く、東海地域に居住の方は、それだけで、他地域の方よりも審査が有利になります。

ユニーファイナンスのここがイマイチ

ライター
せっかくプロミスともATM提携もしており、他社よりもアドバンテージもあります。 地元密着の印象が強いので、全国展開をもっと全面に押し出すと面白いかもしれません。

●やや保守的

昨今の中小消費者金融業界は、法改正後の市場に力を入れて、積極的に設備投資している会社とそうでない会社に分かれています。
前者は、わずかの期間に目覚ましい進歩をしてゆきますが、後者は、いつまでたっても昔と変わりません。

もちろん革新的なサービスが、何でもよいわけではないので、変化せずにいることも大切なことだとは思います。
いずれにしても、ユニーファイナンスは、あまり急激な変化がない、保守的な経営スタイルだと言えます。

●振込み融資の即日対応はしていない

現在、多くの消費者金融は、振込み融資でも「即日融資」に対応していますが、ユニーファイナンスは、原則、対応していません。
これも、保守的な社風と関係しているかもしれません。

大手の審査が通らないようなリスクの高い客層へも融資をしているので、融資のスピードが犠牲になるのは、ある程度やむを得ないといった方針ということでしょう。

無人店は全て閉鎖

イマドキは、インターネットの発展により、各地に店舗を設けなくても、全国展開が可能な時代となっています。
ユニーファイナンスでも、かつては複数の無人店舗を設けていましたが、2016年ごろより段階的に無人店を閉鎖し、現在は、名古屋駅近郊の有人店舗のみとなりました。

これは、業務縮小というわけではなく、かつての地域未着型の営業スタイルから、全国展開のスタイルへ、段階的に方針を変更してきているということでしょう。

総評

ユニーファイナンスは、長年、「地域未着」を売りにしていたためか、旧態依然とした部分が抜けきれず、他の新興消費者金融と比べて、全国展開には、一歩乗り遅れた感があります。
しかし、最近では、無人店舗を段階的に閉鎖するなど、少しずつですが、確実に、全国展開へ路線変更を行ってきています。

しかし、変化のスピードが遅いので、せっかく早い時期からプロミスとATM提携をしていたというアドバンテージがあるのにややじれったくも思えます。

しかし、この手堅さゆえに、改正貸金業法施行により、多くの同業他社が廃業してゆく中、生き残ることができたのも事実です。

ユニーファイナンスは、このような社風のため、サービス面では、やや見劣りはするものの、利用者にとって、安心して付き合える会社であることは間違いありません。

≪ユニーファイナンスへの申込みはこちらの公式HPからどうぞ!≫
消費者金融ユニーファイナンス完全攻略
     審査が通る中小消費者金融

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA