スカイオフィス

0 Comments

概要

株式会社スカイオフィスは福岡市博多区にある、中小消費者金融です。
かつて、「ニッセイキャッシング」というブランド名で営業していた時期もありましたが、現在は、企業名と同じ、「スカイオフィス」というブランド名で営業展開をしています。
(もともと2003年に有限会社スカイオフィスとして設立しましたが、2004年12月に株式会社スカイオフィスに組織変更して金融業を開始しています。)

スカイオフィスは企業規模こそ、いわゆる「街金」クラスですが、早い時期からネットキャッシングに特化した営業展開をしており、ニッセイキャッシングの時代から柔軟審査を行う消費者金融として、知名度はそれなりに高いものがありました。

サービス面などで、他社に譲る部分はありますが、この規模の消費者金融としては、長きに渡り、善戦していると言っても過言ではありません。

≪スカイオフィスへの申込みはこちらの公式HPからどうぞ!≫

※スカイオフィス外観(Googleマップより)

スカイオフィスのここを評価

●審査が速い

スカイオフィスの申込みは、とにかくコンパクトで融資までのスピードが速いのが特徴です。新規申込みフォームの入力項目も、競合他社に比べて、かなり入力項目は少なくなっています。

また、ヒアリングなども長々と行うことはありません。
他の中小消費者金融の場合は、融資実行までにかなり時間がかかる会社もありますが、スカイオフィスの場合は、限られた人数で対応せざるを得ない、超零細企業ならではの、超スピード審査だと言えます。

●超少額融資にも対応

スカイオフィスでは、なんと1万円から融資を受けることができます。
利用ユーザーにとっては、実際に必要な金額は意外と少額なことも多いので、このような超少額融資の需要はあるのです。

●過去に自己破産や債務整理をしていても審査対象となる

スカイオフィスではもちろん自己破産や債務整理をした方も審査対象としています。
このような対応はいまや、中小消費者金融ではマストです。

スカイオフィスのここがイマイチ

●リボルビング方式に対応していない

スカイオフィスの商品は、元利均等方式のみで、リボルビング方式には対応していません。
(リボルビング方式とは、定められた限度枠内で、入金と出金を繰り返すことができる契約方式のことです。)
そのため、一度融資を受けたら、後は返済してゆくのみです。

イマドキは中小消費者金融であっても、ほとんどの会社がリボルビング方式に対応している中、正直、利便性は悪いと思われます。

●融資金額は少額が目立つ

スカイオフィスの融資金額は最大50万円ですが、新規で高額決裁がでることはごく稀で、ほとんどが10万円以下の融資となってしまいます。
これは、1万円という超少額から融資が受けられるメリットと表裏一体のことです。

いずれにしても、スカイオフィスの融資の真骨頂は、超少額融資をスピーディーに行うことにあります。
10万円以上のまとまった金額が必要な方には、あまりおすすめできません。

●零細企業なのでサービスが行き届かない

スカイオフィスの会社規模は、中小業者というよりも、「零細業者」と言ってよいくらいで、従業員も2~3人程度で対応している印象があります。
この規模ではやむを得ないかもしれませんが、接客応対も含めて、全てにおいて行き届いたサービスは期待できません。

総評

スカイオフィスは、地方の街金融が、システム会社と連携して、自社の規模感にあった、小回りが利くスタイルで、消費者金融を営業しているという印象があります。
そのため、融資額やサービスに対しては、同業他社のように過度な期待はできません。
しかし、このような営業スタイルでも改正貸金業法施行後の市場で、実に10年以上もの間、生き残ってきたことは評価に値します。
安心して利用できる業者であることは間違いないので、このような特徴を理解したうえで、申込みを検討するのは全然アリです。

≪スカイオフィスへの申込みはこちらの公式HPからどうぞ!≫      審査が通る中小消費者金融

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA