余分な借入れを抑えて賢くキャッシング

0 Comments

急なお金の入用で、消費者金融に申込みをする場合、本当に必要な金額は、実は、5万円~10万円程度の少額が多いのではないでしょうか。
しかし、全国展開している中小消費者金融の新規貸付額で一番多いゾーンは10万円~20万円で、本来、申込者が必要としている金額よりも、かなり多めに借入れしてしまっている可能性があります。
この章を読んで、余分な借入れを抑えて、賢くキャッシングしましょう。

少額融資の需要は実は高い

近年、「フィンテック」ならぬ、「貧テック」というワードが出てきていることはご存知でしょうか。
「貧テック」とは、ざっくり言えば、「経済的な余裕のない人が、デジタル技術を駆使して、少額のお金を捻出すること」で、具体的には、「メルカリ」などのフリマアプリや「CASH」などの買い取りアプリが有名です。

実際、これらの媒体を使って、一般の人が決済しているのは、多くて数万円といったところですが、非常に人気の高いアプリであることは、周知の通りです。
このことからも、少額融資の需要はかなり高いということがわかります。

事実、零細企業の、いわゆる「街金融」の平均貸付額10万円以下の金額ですし、いわゆる「ヤミ金」と呼ばれる違法業者の貸付額もその程度の少額融資が中心です。

中小消費者金融では限度額目一杯の利用を勧められる

しかし、現在、インターネットキャッシングで積極融資をしている中小消費者金融の平均融資額は、10万円以上20万円未満であり、実際、申込者が必要としている金額よりも、高くなっている可能性があります。

これは、中小消費者金融が、拡大路線を維持するためのコストと大きく関係しています。
このような会社は、そのコストを賄うためにも、1件に対する融資額はどうしても上がる傾向があるのです。

消費者金融側の管理コストは、5万円融資するのも100万円融資するのも実はそれほど変わりません。
もちろん、顧客の希望以上の金額を無理に勧めて融資することは禁止されていますが、5万円だけ借りようとして申込みをしても、「20万円まで融資が可能です」と言われれば、お客の方もついつい利用をしてしまいがちです。

余分な借入れをしないために

必要以上に借入れをすれば、その分、余分な利息を支払わねばいけなくなってしまいます。
このようなことを防止するために、次のような点に注意して下さい。

①限度枠内で引き出すのは必要な金額だけにする

リボルビング契約であれば、限度額目一杯利用しないで、とりあえず必要な分だけ利用することができます。
必要なときにまた、追加融資を受ければよいのです。
但し、限度枠だけは最初から目一杯取っておくことをおすすめします。
後で必要になった時、限度枠の増額をしてもらえるかどうかわからないからです。

②最初から返済のみの商品を利用するのも方法

商品の利便性からすれば、定められた限度枠内で自由に入金と出金を繰り返せる「リボルビング方式」がおすすめですが、その便利さが安易な借入れを助長する結果となり、あっという間に限度枠が一杯になってしまう方も多いと思います。
自分自身で抑制する自身がない方は、リボルビング契約でなく、「元利均等方式」など返済しかできない商品を選択するのも方法です。
商品は各消費者金融会社によって違うので、相談してみても良いでしょう。

     審査が通る中小消費者金融

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA