消費者金融の増額審査を完全攻略!

0 Comments

消費者金融と上手に付き合うには、なるべく件数を増やさず、お金が必要な際は増額で賄うことが理想です。
しかし増額には審査があるので、誰でもできるわけではありません。
では、どうしたら増額審査に通過することができるのでしょうか。
ここでは消費者金融の増額審査の攻略法について徹底解説していきます。

ライター
消費者金融を利用していると、途中で借入れ限度額が上がることがあります。この「増額」を上手に活用して、なるべく件数を増やさないようにしていきましょう。

増額は元々の適正限度に戻すだけ

増額審査の攻略法を解説する前に、まず、覚えておいて欲しいことは、消費者金融は、「新規契約時の限度額を低く抑えて、増額で高い限度額を設定する」という特徴があるということです。

要するに、「新規契約時は本来の適正限度額より、低い限度額でとりあえず様子を伺い、ある程度取引実績を見てから、元々の適正な限度額に戻すだけ」ということです。

このため、通常に取引をしていれば、特に何もしなくても、総量規制に抵触していなければ、ほとんどの方が、いずれ増額出来る可能性は高まってきます。
ここでは、もう一歩踏み込んで、できる限り早めに増額可能となる方法を解説していきたいと思います。

急激な件数増加はNG

増額審査を通過するには、他社での急激な借入れ増加がないことが大前提です。
特に重要となるのは、「借入れ件数」です。
(借入れ金額に関しては、総量規制によって一定の抑制がかかりますが、件数を抑制する法律はありません。)

例えば、新規利用時に、他社借入れがどこからもなかった人が、その後、半年間に立て続けに5件も借入れ件数が増えていたような場合、増額審査はまず通りません。

ここで重要なのは、「件数」それ自体ではなく、「件数の“増加”」です。
例えば、同じ他社で5件の借入れがある人でも、

  • A:新規で利用した時から、既に5件あった人
  • B:新規で利用した時はどこからも借入れはなかったが、その後、急激に5件増えた人

では、Aの人の方が、断然信用は高くなります。

増額審査の可決を目指すのであれば、他社借入れ増加の目安は、

  • 半年間で1件以内
  • 1年間で2件以内

とすべきでしょう。

問題は延滞率と最大延滞日数

増額審査を通過するには、目立った支払い遅れがないということも前提になります。
しかし、延滞についての感覚は、人によって異なります。
1日、2日くらいの延滞であれば問題ないのでしょうか。
それとも1週間くらいなら問題にならないのでしょうか。
このような延滞を考える時は、延滞率で考えることが重要です。

増額審査での可決を目指すのであれば、直近1年間の延滞率をズバリ30%以下に抑えておくことが必要です。

もし1年間返済実績がなければ、返済した回数で延滞率を計算します。
例えば、返済3回中3回延滞は、延滞率100%ですが、返済10回中3回延滞は延滞率30%ということになります。

また、審査には、最大延滞日数も関係してきます。
仮に、直近1年間で1回しか延滞していなくても、その延滞日数が1か月などという場合は、増額審査は厳しくなります。

これも、増額審査での可決を目指すのであれば、直近1年間の最大延滞日数は、7日以下に抑えておくことが必要です。

もちろん、審査基準は各社異なるので、これ以上に延滞していても増額審査が通る場合もありますが、直近1年間の延滞率が30%以下、最大延滞日数は7日以下というのは、一つの目安になります。

入金、出金の頻度が激しいのはNG

リボルビング契約で取引している場合、定められた限度枠内で、入金と出金を繰り返し利用するこができます。
最近は、千円単位での出金が可能な会社も多いので、こまめに出金している方も多いと思います。
しかし、入金しては、すぐに限度枠内目一杯の出金を行うのは、増額を目指す場合、あまり印象はよくありません。
お金にかなり切羽詰まっている印象を与えてしまうからです。

また、例えば、50万円利用して、10万円返済して、すぐに5万借りて、またすぐに4万円返済してなど、お金の出入りがあまり激しいのも好まれません。

短期間に何度も増額申込みをしない

増額の申込みをして、否決となっても、その後、短期間に何度も何度も申込みをしてくる人もいます。
しかし、このような申込みの仕方は、信用を下げることになるのでおすすめしません。

再度、増額の申込みをするのであれば、少なくとも、前回の申込みから半年間は空けるべきです。

前回、審査をしてから半年以内は、ノー審査で否決としているような会社もあるくらいです。
否決になるたびに、増額できる可能性がどんどん遠のいてゆきます。
これらのことに注意して、出来れば増額は一発の審査で決めたいものです。

増額で高額融資を引き出すには

増額で、高額融資を狙うのであれば、利用目的で、「おまとめ」や「一部おまとめ」を願い出るという方法もあります。
もちろん、専用の「おまとめローン」でガッツリおまとめしてしまうという方法もありますが、融資金額が100万円を超える高額になると、消費者金融側の審査もそれなりに厳しくなってしまいます。

そこでおすすめなのは、50万円程度の通常のフリーローンで「一部おまとめ」をするという方法です。

その程度の限度額であれば、一審査担当者の裁量で決裁可能なので、審査のハードルはかなり下がります。

もちろん、おまとめ目的で借入れしたお金は、他社返済に充当しなくてはいけませんが、手元に残しておきたい金額を正直に伝えておけば、わりと柔軟に、その分を上乗せして増額してくれることがほとんどです。

増額申込みのリスク

増額の申込みをしても残念ながら審査に通らないこともあります。
その場合、増額出来なかっただけでなく、現状の限度枠内も出金停止措置が取られてしまう可能性もあるので注意が必要です。

消費者金融側で増額審査をした結果、増額どころか、現状の限度額も引き下げをすべきと判断されることは珍しいことではありません。

増額審査を申込みする際は、このような事態になることも、想定しておくことが必要です。
もし、増額が無理であっても、限度枠の金額は利用したいということであれば、増額申込みをする前に引き出しておいた方が無難です。

営業があったら増額しておいた方がよい

また、消費者金融から増額融資の営業があった際は、とりあえず増額しておくことをおすすめします。
(もちろん、やたら借入れを増やすことを推奨する意図はありません。たとえ、資金が不要でも限度額を広げておくことだけでも検討すべきということです。)

特に中小消費者金融の場合、審査基準はその時の資金調達の具合で決まることも多く、このタイミグを逃せば、次に増額申込みをしても可決となる保証は全くありません。
「つい2~3か月前、増額営業が消費者金融からあったのに、今、増額の申込みをしたら否決になった。」といった類の話はよく耳にします。

また、先方から営業がかかってきた時は、思わぬ高額決裁が出るチャンスでもあることは覚えておいて下さい。

     審査が通る中小消費者金融

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA