大手消費者金融からお金を借りる

0 Comments

大手消費者金融はイメージチェンジに成功

50万円以内の少額融資を受けるために、一番迅速で、確実な方法として、消費者金融を利用することがあげられます。
消費者金融というと、かつて「サラ金」と呼ばれていた時代もあり、あまり良い印象を持っていない方もいるかもしれません。

たしかに以前の消費者金融は、金利も高く、脅迫まがいの取立て行為によって、自殺に追い込まれる方も出るなど、社会問題化していた時代があり、「消費者金融=社会悪」という図式が出来あがっていたのは事実です。

しかし、かつて年率109.5%だった上限金利も、54.75%、40.004%と段階的に引き下げられ、2010年6月にはついに、20.0%になっています。

また、1993年にアコムが無人契約機(むじんくん)を導入したのをきっかけに、大手消費者金融各社は、さまざまな面白いネーミングの無人契約機を導入して、サービスを競うようになりました。
そして、テレビコマーシャルなどを大々的に行い、それまでの「借金」という、ややネガティブな言葉に代わり、「キャッシング」と言い換えるなど、イメージの払拭に努めてきました。

特に大手消費者金融では、銀行傘下となった会社も多く、社会的な信頼を回復してきました。
初めて大手消費者金融を利用する方は、その行き届いたサービスと、かつての印象とのギャップに驚くかもしれません。

大手消費者金融を利用するメリット

資金調達の方法として、大手消費者金融を利用するメリットはいくつもあります。
主だったものは以下の通りです。

●原則、無担保無保証

大手消費者金融の商品は原則、無担保無保証です。(かつて銀行などの貸出しは有担保が原則でした。)
そのため、融資金額は50万円以内の小口が中心となります。

●審査スピードが速い

前述のように、消費者金融は無担保無保証の小口融資に特化した商品開発を行ってきました。
そのため、審査から融資まで迅速な対応が可能です。
大手消費者金融では、ほとんどの会社が、申込みをした当日に融資を受けることが可能です。

●来店の必要がない

現在の大手消費者金融の審査スタイルは、無人機やネット申込みなどの非対面融資が基本です。
その為、店舗の窓口に出向く必要はありません。
(特にネット融資は、24時間、365日申込が可能であり、申込みから融資実行まで、家に居ながら完了します。)

●サービスが充実している

大手消費者金融では、キャッシングに特化したサービスが充実しています。
主だったもので、

  • 初回無利息期間が設けられている
  • 口座引き落としにも対応している
  • 専用(提携)ATMからの入出金が可能
  • 返済期日をメールでお知らせ可能

などがあります。

また最近では、

  • 書類の取り交わしが一切不要な「WEB完結」というサービスを設けている
  • クレジットカードのようにショッピングも可能なカードを発行している

など、さらなるサービスを提供している会社もあります。

●実は金利はクレジットカードのキャッシングと変わらない

消費者金融の金利は、イメージの問題もあり、「高い」と思っている方が多くいます。
しかし、実は、クレジットカードでキャッシングしても、金利は消費者金融とほぼ同じだということはご存知でしょうか。

現在の消費者金融の上限金利は以下のように定められています。

※通常金利
・元本10万円未満:20.0%
・元本10万円以上100万円未満:18.0%
・元本100万円以上:15.0%

※遅延損害金の上限
・元本に関わらず一律20.0%

消費者金融もクレジットカードのキャッシングも、ほぼ、この上限金利目一杯の金利設定をしています。

消費者金融を利用するデメリット

消費者金融の利用には以下のようなデメリットもあります。

●悪いイメージを持っている人もいる

前述したように、大手消費者金融を中心に業界全体でサービス向上に努めてきた結果、以前の「サラ金」という社会悪のイメージは、ずいぶん払拭されました。
しかし、まだまだ、消費者金融に対して、良い印象を持っていない方もいます。
要するに「世間体が悪い」ということです。

実際には同じ借金をしていることに変わりないのですが、「クレジットカードでキャッシングをしている」ということを、知人、友人に知られることに、あまり抵抗を感じない方でも、「消費者金融からキャッシングしている」ことは内緒にしておきたいと感じる人が多いものです。

●自己責任で計画的な利用が必要

現在、消費者金融からの借入は、手続きが非常に簡単になりましたが、そのことが、かえって、安易な借入を増やしてしまっているとも言えます。

どんなにイメージが良くなってきたといえど、消費者金融を利用するということはやはり「借金」をすることです。
そのため、自身の返済能力を超えた安易な借入はするべきではありません。
最終的には、自己管理が必要といえるでしょう。

結論として

計画性をもって上手に利用をすれば、現在の大手消費者金融はサービスも充実していて、非常に便利です。
急な出費の際には、非常に心強い存在にもなります。

しかし、その便利さゆえに、安易に借入を増加さえないよう自己管理をしっかりすることが重要です。

現在、多重債務で苦しんでいる方も、最初の借入は1件からスタートして、最初から負債を増加させるつもりはなかったはずです。
利用については、十分な自覚と注意が必要です。

     審査が通る中小消費者金融

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA