スーパーホワイトの審査での評価

0 Comments

消費者金融に申込みをする人の中で、クレジット、ローンの利用履歴が全くない状態の人を「スーパーホワイト」と言います。
さてこのスーパーホワイトは、素直に考えれば、どこからも借入れがないということなので、本来、審査での評価は高くなるはずですが、実際の評価はどうやらそうでもないようです。

ライター
中小消費者金融の審査では、どこからも借入れがないと、かえって疑われてしまいます。

スーパーホワイトは警戒される

冒頭で説明したように、信用情報に何ら利用履歴(クレジットヒストリー)がない状態の人を「スーパーホワイト」呼んでいますが、スーパーホワイトは審査での信用が高くなるどころかかえって警戒されているのが実状です。

イマドキは、例え、キャッシングを利用していなくても携帯電話を分割購入するだけでも信用情報に登録されるので、ほとんどの人が、指定信用情報機関になんらかの利用履歴が登録されているからです。

もちろん、スーパーホワイトの中には、本当にクレジット、ローンを利用するのが初めてという人もいると思いますが、大手ならともかく、中小消費者金融では、キャッシング利用が初めてだという人はほとんどいません。
また、20代前半の若者ならまだしも、30代以上でスーパーホワイトは、審査する中小消費者金融からすれば不審以外の何ものでもありません。

実際、中小消費者金融のスーパーホワイトは、ほとんどが次のような状態の人です。

  1. 氏名、生年月日などの偽りや、架空人物になりすます等、詐欺による申込み
  2. 自己破産後免責確定している方の申込み(自己破産して免責確定すれば、完済情報が登録される。そして完済後5年経過で完済情報も抹消されるので、その時、クレジット、ローンの利用がなければスーパーホワイトの状態になる。)

スーパーホワイト状態の理由を伝えておく

このため、もし、自分がスーパーホワイト状態であることがわかっているのであれば、消費者金融が納得できる理由を先に伝えておくことをおすすめします。

たとえば、自己破産後、スーパーホワイト状態になった方は、自己破産をしていることを最初から消費者金融業者に伝えれば、詐欺の疑いはなくなります。
申込みフォームの備考欄などに入力しておくのが良いでしょう。

他社借入れは実績になる

また、本当に消費者金融の利用が初めてという人は、いきなり中小消費者金融に申込みをする前に、まずは、クレジットカードや大手消費者金融で返済実績(クレジットヒストリー)を作っておいた方が、審査は通りやすくなります。
(但し、クレジットカードの場合、指定信用情報機関の㈱シー・アイ・シー(通称:CIC)には登録されても、㈱日本信用情報機構(通称:JICC)に登録されない会社もあります。
そして、ほとんどの中小消費者金融は、CICではなく、JICCに加盟しているので、JICCに登録されていなければ、スーパーホワイト扱いなのは変わりません。
利用するクレジット会社が、どこの信用情報機関に加盟しているのかは調べておきましょう。)

中小消費者金融の審査では、他社での借入れは実績になります。
もちろん、あまりに多い借入れは敬遠されますが、適度に1~2社ほど他社借入れがあれば、実績と見なされて、どこからも借入れがない人よりも、かえって審査で有利になるのです。
このことは覚えておくとよいでしょう。

     審査が通る中小消費者金融

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA