アルコシステム

0 Comments

概要

アルコシステムは兵庫県姫路市にある中小消費者金融です。
店舗はここの1店舗のみですが、早い時期から全国エリアで、自己破産や債務整理をした方への融資を実施していたため知名度はかなり高いものがあります。

実を言うと、当サイトは、アルコシステムの紹介を中止していた時期があります。
承認率が、一時期、1%以下までに落ち込み、審査がなかなか通りにくい状態にあったことが大きな要因でした。
また、融資を受けるにあたり、「保証料」の支払いが必要だったこともあり、他社に比べて消費者の負担が大きかったこともあげられます。

しかし、2018年度以降は、承認率は回復傾向であり、また、現在は保証料の徴求も停止しているので、消費者の負担は以前よりも軽減されています。
このように、今後、期待の持てる会社になってきたので、当サイトでも紹介を再開することにしました。

≪アルコシステムへの申込みはこちらの公式HPからどうぞ!≫

※アルコシステム外観(Googleマップより)

アルコシステムのここを評価

●歴史ある老舗

アルコシステムの設立は、1983年(昭和58年)12月で、貸金業の業歴もかなり長い会社です。
平成22年の改正貸金業法施行をきっかけに、多くの中小消費者金融が、「上限金利の引き下げ」、「総量規制による貸付制限」、「過払い金返還請求」などに対応しきれず、廃業に追い込まれました。
そのような中、積極融資をしていることは、資金面、経営面が安定している証拠です。

●早い時期から自己破産や債務整理を審査対象としてきた

アルコシステムでは、過去に自己破産や債務整理をしていても、現在の生活状況が安定していれば審査対象となります。
このような審査手法は、今では、多くの中小消費者金融が採用しているので、特に珍しくはありませんが、アルコシステムでは、同業他社に先んじて、かなり早い時期から取り組んできました。
そのため、その企業規模のわりに、全国的な知名度はかなり高いものがあります。
自己破産や債務整理をした方への融資については、フクホーと並び、パイオニア的存在の会社です。

●審査のスピードは速い!

アルコシステムは審査のスピードが比較的速いのが特徴です。
カウンセリングを重視する中小消費者金融の中には、「最短即日融資」を謳っておきながら、実際は、融資実行までかなりの日数を要する会社も多くあります。
その点、アルコシステムは申込みをした当日の融資の実績も多く、本当に即日融資を実行している数少ない会社です。
(対して、前述のフクホーは審査のスピードは遅く、1週間ほどかかることはザラです。)

●承認率は回復傾向

下の図をご覧ください。 これは2017年度から2018年度のアルコシステムの承認率のグラフですが、2018年度より、明らかに承認率が高くなってきていることがわかります。

アルコシステム承認率(可決率)

もちろん2019年以降もこの傾向は継続しています。

アルコシステムのここがイマイチ

●少額融資が目立つ

アルコシステムの新規融資額は、平均10万円前後と少額です。
審査によっては、融資額が5万円程度となってしまうこともあります。
残念ながら30万円以上の決裁はほとんど見られません。

●日本貸金業協会に加入していない

実は、アルコシステムは、日本貸金業協会に加入していません。
日本貸金業協会への加入は義務ではありませんが、本来、行政と協会が両輪となって、業界の管理、監督を行ってゆくという観点から、加入するのが一般的です。
いわんや全国展開をしている業者をやです。

それをわかったうえで加入していないのは、現在の協会のあり方に対する、地方金融の抗議の表れなのかもしれません。
(参考記事:日本貸金業協会に加入していない会社ってどうなの?

●誤解を招きやすい

こんなことを書いては、アルコシステムに怒られるかもしれませんが、アルコシステムの公式HPは、なんとも「手作り感」が強く、とてもプロのシステム会社が制作したものとは思えません。

アルコシステムはもちろん正規の登録業者ですが、これでは、闇金や違法業者と誤解を受ける可能性も高いと思われます。
もう少しイメージにこだわった方が、誤解を受けなくなると思われます。

●かつて保証料を徴求していた

現在は停止したようですが、かつてアルコシステムでは、融資を受けるにあたり、貸付金の10%ほどの保証料が必要とされていました。
保証料という制度は、消費者の負担も大きく、同業他社ではほとんどの会社が採用していません。

また、改正貸金業法施行後は、保証料は利息に組み込まれることになっているので、徴求するには何らか名目を変えていたはずです。
それでも「脱法行為」として行政から指摘される可能性も高かったはずです。
このようなことも、「違法業者」と誤解を招く、原因のひとつだったと思われます。

総評

アルコシステムの特徴は、競合他社のフクホーと比較するとわかりやすいと思います。
どちらの会社も典型的な地方の中小消費者金融ですが、他社に先駆けて、早い時期から、自己破産や債務整理をした方を審査対象としてきました。
しかし、融資の方針は以下のように対照的です。

※審査のスピード

  • アルコシステム・・比較的速い(スピード重視)
  • フクホー・・比較的遅い(じっくり時間をかけて審査)

※必要書類

  • アルコシステム・・本人確認書類など最低限度の書類でOK
  • フクホー・・本人確認書類、収入証明書類、住民票、(場合によっては年金手帳の写しなど)と必要書類が多い。

※新規融資額

  • アルコシステム・・10万円以下の少額が中心(限度30万円以上はほとんどでない)
  • フクホー・・比較的高額(限度30万円以上も珍しくない)

このように、どちらの会社も一長一短ありますが、自分自身の状況やライフスタイルにマッチした会社を選ぶことをおすすめします。

≪アルコシステムへの申込みはこちらの公式HPからどうぞ!≫


     審査が通る中小消費者金融

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA